底辺人間記録

底辺人間の行き場なき思考の肥溜め

感謝は人の燃料

※今回の章のタイトルは本文と全く関係ありません

最近章のタイトルのつけ方に迷走しています

完全に相手のためを思い善意でしたことであったとしても、そこに胡座をかいて、さもそうするのが当然であったかのように扱われると人は嫌気がさしてくるものである。それは思ったような見返りがなかったからではない。人の善意の総量がそもそも決まっているためである。その量の維持に他人の感謝がとても効果的なのだ。いわば燃料みたいなものである。補充されないまま走っていれば、いつかは必ずガス欠になってしまう。

 

 

どうしたらいいですかね

善意は人間が持てるものの中で最も純粋な愛の形だろうと思う。相手のために何かしたい。そう思えるのは偏に奇跡である。だが、だからこそ逆に言えば、それは長く続くものでは有り得ない。奇跡が奇跡たる所以である。長く続かせるためには人の手による工夫が必要なのだ。しかし、自分でそれをするのには限界がある。なぜなら、善意とは他人に向けて発動するものであり、その間は自分は相手のために走る車でしかないからだ。燃料は乗っている相手によって、補充されなければならないのである。

 

 

もういっそ撤廃も考えていたりします

要するに人の善意に気づいたら感謝したいよねという話。その感謝は善意を向けられた自分にしかできないのだし、相手の燃料にもなるのだから、して得することはあっても損することは万に一つもない。相手の善意が結果的に自分の迷惑となった場合にも、冷静に落ち着いて、相手の意図と結果を切り離して考えたいものである。受け取る余裕や器量が自分になかっただけかもしれないとの自己反省も、できる限りで行っていきたいと思う。

 

 

でももうこのスタイルで一年以上やってきたわけだし今更変えるの?とも思う

感じることは反復性に弱いと以前書いた。相手の善意も例外ではない。善意に慣れてくると、だんだんとそれが当たり前となり、普通になっていってしまう。だから人は意識的になる必要がある、でなければ気付かぬうちにいとも容易くその善意を失ってしまうことになる。当たり前と捉えないことで、初めてそれは当たり前になってくれる可能性を持つのである。元々全く当たり前のものではないのだから、これは当たり前なことですよね。

 

 

しばらく迷走すると思うのでどうかお付き合いください…

人は神ではない。善意の提供までは無償でできるのだとしても、それをするために体力と気力は消耗されている。だからその分の回復が必要なのである。人からの「ありがとう」というたった一言で、それは成し得るのだ。大変素晴らしい!言われて嬉しい、言う方も得しかない。こんな魔法みたいなワード他にないんじゃないかしら。というわけで、いつもお読みくださっている皆様本当にありがとうございます。(いつも書くことに付き合ってくれる自分もありがとう)。

f:id:kabiru8731:20220814045316j:image

完璧と不完璧と人間社会

1

完璧なものには歪みや欠損がないので、その分だけ実は完璧ではない。完璧であるためには、ほどほどの不完璧が含まれていなければならない。もはやこの世界のお約束とも言える逆説的構造である。歪みや欠損をなくそうと動けば動くほど完璧からは遠のいていく。完璧には不完璧を許しいくこと、不完璧との共存が必要不可欠なのだ。問題は「どの」不完璧なら許されてもいいのか、「どこまで」の不完璧が許されるべきなのか。人間社会はずっとそれを決め損ねているように見える。




2

人間は完璧な存在ではないとはよく言われることである。だがこれは本当だろうかと私は疑っている。だってその完璧ではないとは、所詮他人との関係においての話に過ぎないではないか。他人と比較し劣っているから、或いは他人にとって迷惑であるから不完璧とされているだけであろう。関係しないのなら、そもそも完璧も不完璧も有り得ない。それはただそこにあるだけのものとなる。つまりは誰しも最初からただ「完璧に」その人自身であるということだ。




3

他人との関係において生じる不完璧を人はまだ持て余しているのである。そして、それは人間社会が続く限り解決されることはないのだと思う。少しずつ制度が充実し徐々に改善されてはいるものの、それに伴って新たな問題が後を追う形で常に浮上し続けている。改善に向けひた走ることはもちろん大事である。だが、全ての解決はやはり無理があるのだから、そろそろゴールを決め、逆の方向からのアプローチもしていくべきなのではないかと個人的には思う。つまり、冒頭で書いた「どの」や「どこまで」ならいいのか、それを考えてみる必要があると思うのである。




4

自分にとって自分は「完璧に」自分という存在である。それを誰しもが心置き無くそのままに体現できる社会が一番望ましいと私は思う。そして、それはある意味では既に実現されていると言える。誰しも常に自分自身であり、都度目の前に現れる選択肢から必ず自分にとって最善であるものを選んでいるからだ。その自由は如何なる人も侵害されてはいないし、そもそも侵害され得るものでもない。しかし、やはり別の意味では全然実現していないと言える。目の前の選択肢がどれもクソである時、選択は単に「その方がマシだ」という意味で為されているに過ぎない。それは全く自由とは呼べず、自分の完璧が損なわれていることになる。だが「マシ」から脱却するのは偏に難しい。自分という存在は今までに世界に存在したことはないのだから、既存の世界と「完璧に」合うのは有り得ない。やはりどこかで合わせるという不完璧の許容が必要になってくる。もしそれをしたくないのなら、自分自身で完璧な世界を創っていくしかない。まさにこの文章によって、今私はそれを行っているところだ。

言葉の底のない繊細さを知る

Q:この五つは何が違いますか?

「Aに問題がある」
「Aに原因がある」
「Aに責任がある」
「Aが悪い」
「Aがおかしい」




言葉は使う人を正確に映し出す

言葉とはとても柔軟なものだ。繊細に使おうと思うならいくらでもそれを極められるし、反対におおざっぱに使おうと思えばどこまでも雑に扱っていける。言葉は使う人の性格や品位を映し出すのだと思う。もちろん受け取る方についても同じことが言える。誰かに伝える目的で言葉を使う場合、使う方にとって大事であるのは、できるだけ他の解釈の可能性を潰しておくことである。反対に相手の真意をきちんと汲み取りたいなら、大事であるのは、できるだけ色々な解釈の可能性を想定しておくことだ。どちらも言葉をよく知り、その意味をきちんと考えなければできない所業である。




一面に過ぎない

さて、冒頭の五つは何が違うのだろう。おおざっぱにとれば全て同じと読むことができる。要するにAのせいだと言っているのである。Aと並列的にBやCがあった時、とにかくそれらではなく、Aが諸悪の根源であり、事の発端だと訴えていると捉えることができる。これは一面では正しい。大まかな括りとしては合っているからだ。しかしそれは一面では、に過ぎない。細かく見ればやはり意味はめいめいに違っているのである。




正確に厳密に使っている場合に限った話

Aに問題があるは、物事を解決するにはAに対処する必要がある。Aに原因があるは、Aがあったからその物事が起きた。Aに責任があるは、物事の後始末はAがするべきだ。Aが悪いは、Aが不適切だった。Aがおかしいは、Aが普通の様子でなく変である。言葉を正確に厳密に使うなら、全てただそれのみを言っているのである。他の意味をもし感じるのなら、それは読む方が勝手に読み込んだのだと言わざるを得ない。




このブログの言葉は全ておおざっぱなので信用してはいけない

言葉をすごーくおおざっぱに見るなら、そのほとんどを二つの意味だけに仕分けることができる。それは「いい感じ」と「いやな感じ」だ。美しい面白い楽しい好き嬉しい美味しいすごい正しい尊敬希望信頼満足幸福愛...などがいい感じで、醜いつまらない嫌い悲しいまずい落胆しょぼい不正嫉妬絶望裏切り不満不幸憎悪...などがいやな感じである。個人が自らの思いに委ねて発言をする時、ほぼ全てが最終的にはこの二つのどちらかに行き着くと言っていい。だが、実はその二つの感じを合わせて、感じそのものと対立する形での更なる言葉の使い方が存在しているのである。それは「事実叙述」だ。そこにはいいもいやもなく、如何なる価値判断も含まれてはいない。ただあるがままをあるがままに正確に表現しようとする時、言葉は無限に増殖し、その意味は数多に分岐せざるを得ないのだ。その細かさの全ては「存在」という難解極まりないものに挑んだ、先人たちの努力の結晶なのである。

仕事に必要な矛盾

仕事の役目

仕事の本質とは、それが人から必要とされていることだろう。必要とする人がいるから仕事として成り立つ。必要がなくなれば必ず消滅していく。仕事は必要という概念に完全に依存している。ところで、必要とはなんだろうか。必ず要すると言われると、「じゃあなかったらどうなるの?」と聞いてみたくなるタチなので、考えてみるに、それは概ね「なければ生きていくのが困難になる」というくらいなのではないだろうか。つまり必要とは言っても、なかったら人類が瞬時に滅亡するというほど必要ではない。あったら助かる、あったらみんな安全に長く生きられる、快適に楽に過ごしていける。仕事の役目とは即ちそこにあるのであろう。




仕事において願うべきこと

人の人生を支えるために仕事がある。それは裏を返せば、もしその仕事なしに人が自立できるのならそれに越したことはない。医者が願うべきは一人でも多くの患者を助けられることではなく、そもそも生きている誰しもが最初から最期まで健康体のままで何の病気も患わないことであろう。消防士が願うべきは一刻も早く火を消し止められ一人の犠牲者も出さないで済むことではなく、そもそもこの世界に火事など一件も起きないことであろう。自分達の仕事が多くの人の役に立つのではなく、誰も必要としなくなる。それこそが仕事冥利に尽きるというものであるはずだ。




現実と理想の板挟み

もちろん現実にはそんなのは無理である。それができたら誰も苦労しないし、この世には何の仕事も生まれることはなかっただろう。これはあくまで心構えで理想的な話である。職務を全うしようと生きる人は常にこの理想と現実の板挟みの中で仕事をしているはずだ。誰にも必要とされない社会になればいいと願いながら、現実的にはより多くの人の役に立てるように動く。必要とされている現実を生きながらも、きっといつかは…と願っている。




仕事に必要なこと

いつかは人の役に立たなければいいと願いながら、今は人の役に立ちたいと思って行動をする。それは矛盾であるが、どちらかが間違っていたり、どちらかをやめたりするべきということは全然ない。これはいわば「正しい」矛盾なのである。逆にどちらかを捨てると事態は歪んでいくことになる。人の役に立つなんて下らないと、仕事自体に意味を見い出せなくなったり、反対に人の役に立ちたい!という思いだけがひとりでに膨張し、必要としていない人にまでそれを押し付けたりする可能性が生まれてしまう。だから、仕事には常にその矛盾が「必要」なのである。




ところであなたそんなに仕事に情熱持ってるキャラでしたっけ?

お金稼ぎのためにしか働いてないです…。書いていることはいつもの思いつきです。許してください。